なぜ私がキャリアコンサルタントを受けたのか?

町を眺める人キャリアコンサルタント

現在、社労士とキャリアコンサルタントの登録を済ませ、開業準備中の私です。

開業に際してやることがいっぱいあるのですが、キャリアコンサルタントをなぜ受けたのか?養成校を選んだ基準、養成校での学習、国家試験への対応など、忘れないうちに書いておこうと思います。

そもそもこのキャリアコンサルタントという資格には賛否があったことは養成校に申し込む前にある程度知っていました。「否」の部分を知っていてなぜ受けたのか、まずそのあたりから書いていきたいと思います。

キャリアコンサルタント資格への賛否について

 

私が初めてキャリアコンサルタントと対峙したときの話

たたずむ人

この資格についてはだいぶ前から知っていました。

どちらかと言えば、当時は使えない資格として私の印象が強いです。

それは業務独占ではなく、名称独占だからです。

それとずいぶん昔に私はハローワークを通して介護の資格をお金をもらいながら取ったのです。

その介護の教育を受ける前に「ハロワークの方から来ました」的なおじさんの面談を受けました。

「ここにある紙に書いて」と実に雰囲気の悪い高圧的なおじさんです。

当時は「なんのこっちゃ」でして「誰やねん!このおっさん」っていう感じです。

後でこのおじさんがキャリアコンサルタントという仕事で、ジョブカードというのを書かせることをやっているのがわかり、私のこの資格に対する印象は悪いものになりましたw

みんながみんな、感じの悪い支持的で、企業を引退しても抜けきれず偉そうにする人っぽくはないですが、そういう人がいるのは確かです。

そもそも、人間は会ってすぐの指示的な人間に自分を開示しません。警戒するのは仕方がないことです。心理カウンセラーとかキャリアコンサルタントとか以前の普通の対話においても、です。

もっと言えば、自分自身が自分の中を覗く行為すら、しんどさを感じるのです。過去を振り返ることがつらい時期もあります(時間が経てば平気、聞き方がスムーズなら平気ということはあります)。

けっこうこういう人が業界の上の方にいるらしいとも聞きます。

まぁ、いい反面教師になるわけですけども。

以下の文章はキャリアコンサルタントに全面的に期待を寄せている人は読まない方がいいと思います。

インターネットで言われていること

メガネ転職コンサルという方のYouTubeです。この方はお若そうですが、実に歯切れのいいことをお話されます。業界の表と裏を話してくれます。

この人に対する賛否もあるでしょうけど。

まぁ表面ばかり知っていても、裏面を知らないと後でわかったときのガッカリ感はものすごいです。

この役に立たない国家資格3選。キャリアコンサルタントは最後に長く時間を割いておられます。

5分20秒位からですね。

で結論を7分45秒で話されています。私もうすうす感じていましたがそういう部分もあるんだろうなぁと。そもそも、キャリアコンサルタントにかかわる厚生労働省系の団体が2つありますから。

2つ目のネットの情報は

キャリアコンサルタントとは | 役立つ資格、役立たない資格
合格しても就職・転職は有利にならず、取得費用と更新費用が高いだけの技能検定です。特にメリットはなく役に立たない資格で、その他の活か方もありません。天下り団体の収益確保のために無理やり作った国家資格の1つです。
【資格】本当に役立つ資格、全く役立たない資格
本当に役立つ資格と全く役立たない資格を本音で紹介します。どんな資格が就職や転職に役立つのか、将来性があって使えるのかはその人が置かれた状況により異なります。資格の活かし方や難易度、合格率、学習時間、ランキングも紹介します。

です。このサイトはものすごく網羅的に日本にある資格のことを書いてくれています。

その中のキャリアコンサルタントについて書かれていることは、メガネ転職コンサルさんと同じような内容でした。

これを読んで気を悪くされる人もおられるかもしれません。

私は民間資格であっても、国家資格であっても、世間の実業で使えない(例えば採用されない、お金になりにくい)であっても、その人がその資格を取ったことで人生の意義を見出せるのならば、全然OKだと思います。

このお二方は、お金をかけてこの資格を取るのであれば、別のもっと資産価値のある資格を薦めてくれているわけです。

こういう負の考えは、当たり前ですがどっぷりキャリコン界の「正」にいる人は認められないと思います。

ちなみに私は養成校でやんわりと「ネットでこういう…」をいうと「ネットの話は嘘が多い」「ネットの意見を鵜吞みにしない」などの答えが講師から返ってきました。

旧日本軍の国民統制のようです。

そもそも、この養成校はネットで見つけて、zoomによるWEBの講義だったんですけどね。

賛の話

そのネットでは「賛」「正」をキラキラした言葉で、この資格の有効性について書かれている人たちもいます。

私の座右の銘の一つに「巧言令色鮮し仁」があります。うまい話には裏があって「仁」が少ない。

ツイッターなどのSNSでも過度な美辞麗句の発信者は、その者に「なんらかの徳」が入るように仕掛けています。

そういう美辞麗句系の人には、フォローしてきたからフォローバックしたのに、数日したら外す人がいます。一時の虚栄心(フォローが多いということ)を満たすために、長い目で見て大損しているのが分からないのでしょうか。それ以来その者の言葉はすべて空疎なものに変わるというのに。

話を戻しますと、キャリアコンサルタントを絶賛して紹介するのは、だいたいは資格商売の人たちですね。

そもそも、このキャリアコンサルタントの使命が何なのかがわかってくると、この仕事でできることは人の心の「触媒」「呼び水」的な働きでしかありません。つまり、表に立つのではなく、あくまで主役は「相談者」なのです。キャリアコンサルタントは裏方なのです。

キラキラ系はどうも自分を輝かせることに力点を置いているように感じてしまいます。昔ハロワにいた指示的なおじさんも裏方意識がなさすぎると思います。

他には、個人でキャリアコンサルタント試験の対策を商売としてされている人もいます。

こちらの人たちは、全面的に「賛」というわけではなく、資格当局への不信感はありつつも、このキャリアコンサルタントで出来ること、それ自体はすばらしい仕事なので「賛」とされている人が多いようです。

私もこの意見に賛同します。

国家ぐるみの資格商売と揶揄されても、それでもなおこの資格の有用性は何なのか。のちのち書いていきたいと思います。

終わりに

物事は両面から見て、自分に合うのか合わないのかを見た方が、のちの納得感になります。

決定するまでは、あれこれ頭の中を巡らすことでしょう。

人生の数か月間は、この資格試験のために時間を割くわけですし、お金もかかってきます。

私は、否の部分、キラキラ系の裏、時間・お金のことなど総合考慮して、それでもこの資格を取ることに決めました。

理由はいくつかあるのですが、それはまた別の日に書いてみたいと思います。

 

error:Content is protected