キャリアコンサルタントの養成校選びと、養成校で学ぶこと・学べないこと。初めに買った問題集は?

キャリコン点数キャリアコンサルタント

私は令和3年の第18回のキャリアコンサルタント国家試験に合格しています。

一応、一回目で、かつ、すべて「A」判定での合格でした。

ただ、この第18回の試験は、一節によると、ある事情で軟化したと言われています。

この話は、別の機会に取っておきまして、今回は、

私のキャリアコンサルタントの養成校選びと、そこで学んだこと、そこでは学べなかったことなどを、そして初めに買った問題集について書いていきたいと思います。

キャリアコンサルタントの養成校選び

WEB講習の絵。キャリアコンサルタント

現在、キャリアコンサルタントの養成校は21校あるみたいです。

厚生労働省 キャリアコンサルタント講習検索サイト↓

講習検索サイト

当然、私もこの表の中の養成校で学習しました。

私は鹿児島の、地方の町に住んでいます。県の都市部である鹿児島市内にでるのは、車でも、電車でも、1時間以上掛ります。それには、交通費が、車でも、電車でも、2000円くらいかかってしまいます。

この上記サイトの開催予定地を見ていただくと、都会しか講座を開かない学校がたくさんあります。

鹿児島で開催予定の学校もたしかに数校あります。ありますが、ネット、それでもわからないことは直接電話で問い合わせました。どうやら、教える講師がその県に常駐しているわけではなく、年間で地方を「巡回」しているようなのです。

ですので、自分の都合の良い時期に「通学」受けることが出来ませんでした。

では、どうしたかというと、

この一覧表の左に「オンライン」とあります。オンラインならば、地方に住んでいることや、交通費を心配することはありません。(ちなみに、オンラインをする養成校は去年に比べて、ずいぶん増えた感じがします。私はちょうど今の時期5月ごろに、オンライン受講を申し込んだ記憶があります)

ただ、オンラインといっても、次に行われる国家試験に合わせて開催時期は限定されています。

私は、どこでもよかったと言えば、悪いんですけど、

この開催時期と、オンライン、値段、老舗感で、この表の中の一つを受けました。

コロナのおかげと申しましょうか、ずいぶんZOOM的なものが世間に広がってきましたので、これは田舎に住んでいるものとしては、喜ばしいことですね。まぁ、反面、画面でしか話さないので、リアルなライブ感を100%出せないことがあったり、自宅にいるので余所行きの気分ではなく、「好きかっていう人」もいたりしましたw

養成校で学ぶこと・学べないこと

ZOOMで悔しい思いをする

始めにお伝えしておきたいことは、キャリアコンサルタントの養成校は、

国家資格キャリアコンサルタント試験を受けるために受けなければならないモノ(一部例外はあり)

ですが、

国家資格キャリアコンサルタント試験の合格が約束されたモノでもなく、また試験対策に時間を割いてもいません(後半に講師が余談的に話すこともありますが、場つなぎ的な、ほんの僅かなものでした)

簡単な例を言いますと、公立の中学校みたいな感じで、高校受験には一定のカリキュラムを受けなければならないので、授業を受けます。でも、高校の合格を中学校の先生は請け負ってはいませんね。

ですので、試験の対策は、早めにされておかれるのが、あとあとの「心の余裕」に繋がってきます。

(とはいえ、私が受けた第18回の合格率は、学科試験80%超、実技60%超という高い合格率でしたw)

こちらのサイトに第19回までの合格率などを詳しく解説されています↓

【合格率を3分で解説】国家資格キャリアコンサルタントの最新動向 | リカレント
【合格率を3分で解説】国家資格キャリアコンサルタントの最新動向 | カウンセラーとカウンセラーを目指す方のための総合サイト

厚生労働省 キャリアコンサルタントになりたい方へ(データの出処ですね)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/career_consultant01.html

でもですね、養成校で学んだことだけで、ほぼ「無勉」で受かるとは思いません

やはり、試験の対策をしておく必要はあると経験的に思います。

そもそも、この試験は、学科と実技があります。

養成校でも前半に「なんぞや系」や「理論家」の講義をさらっと受けますが、ほんとにさらっとです。あとは自分でやるのみです!

(養成期間は、3カ月の期間ですが、週一です。わずかな期間ですね。そして、その多くは実技的なものが占めています)

後半になるにつれて、ZOOMですけどグループに分かれて、ロールプレイと言って、相談者役とキャリコン役に分かれて模擬面談をします。そのあと「あ~でもない、こ~でもない」と意見を出し合う格好になります。お互い素人です。ですから技法や理論を度外視して(まだ知らないので)、今まで生きてきた経験をぶつけてくる人もいますw

つまり、何が言いたいのかというと、世の中にはいろんな人がいて、そのいろんな人とこのキャリアコンサルタントの養成講習で出会ってしまうこともあるということですw

私も変なところがあるのは自認しておりますが、この「いろんな人」の中には「変」を抑えることなく生きてこられた人がいるということです。そして、こういう人にありがちなのですが、素人同士なのにやたら「指示的」になってしまうのですね。因みにこの該当者はたまたまですが50前後のオバサン達でした。裏方になる意識が薄いんでしょうね。

今となっては「反面教師」だったと思うしかありません。

逆説的ですが、このことが学べたことでもありますw

でも、これからこれらの人(受かったのかどうか、仕事に使うのかどうかは不明ですが)と面談をされる相談者さんは、もやもや感が残るのかもしれませんね。

そして、いろいろな資格試験を受けてきた私が思うには、この養成校の教科書が教育系の本の中でもっとも「アカン本」の一つでした。

とにかく、書いている人が分担して書いているのは仕方が無いにしても、読みにくい構成なのです。

いかにも、昭和の公立中学の教科書のような「カリキュラムを流すこと=教える側の論理」で書かれていて、何が特に重要なのかが分かりにくいのです。

メインの教科書なのに、外部の問題集をあらかた解いて、空いた時間でしぶしぶ読み直して、ようやく繋がるといった具合の構成になっています。

ですので、予習復習的に、外部の問題集を買って、

並行して、又は、先んじて学習しておくのがよろしいかと思います。

特に学科は、自分で学習を、隙間時間に進めていけます。

人によっては、学科と実技は別物と考えられている人もいるみたいなのですが、

私はそうは思いません。学科で得た知識は、実技のベースになりますので、早いに越したことはないと思いますよ。

はじめに買った問題集

秀和システム、キャリコン問題集

養成講習が始まって、ちょっとしてからアマゾンで購入しました。秀和システムの問題集です。

緑の本は、実技用のものです。今までキャリコン問題集には「実技用」のものがほとんどなかったらしく、この緑の本がほぼ初だったようです(解説書みたいなものはあったようです)。なので、どうせなら同じ出版社のモノをと思い買った次第です。


キャリコン学科問題集

問題も解説もさらっとしています。脳に記憶させるのがこの一問一答形式はよろしいかと思います。

因みに一回目はさらっと読んだので「よ」としてます。そのあと3回解いたんですね。

×のものは、いつまでやっても、×という、受験アルアルもw

キャリコン実技問題集

実技の問題集は、面接と論述を切り取ってました。

思い出しますと、なぜなら、論述は筆記と同じ日にテストがあるからですね。

私の試験日に前後して、キャリアコンサルタント協議会という試験の親玉(当局)が、なんと問題集を出しました。

国家資格キャリアコンサルタント試験 ~学科試験 精選問題解説集~ | 過去問題集や参考資料を購入したい | 特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会
国家資格キャリアコンサルタント試験 ~学科試験 精選問題解説集~ | キャリアコンサルティング協議会は国家資格「キャリアコンサルタント」の試験機関および指定登録機関と、国家検定「1級・2級キャリアコンサルティング技能検定」の指定試験機関です。

上記の当局のサイトで、ページの内容の紹介をしています。どうやら解説が詳しいみたいですね~

なので、こちらが私の試験に間に合っていたら購入していたと思います。

因みに、イキがるわけではないですが、学科の点数は、50問中48点でした(100点換算で96点)。

学科試験の難易度的には、分量から考えても、FP3級、販売士2級、危険物乙4くらいでしょうか。

でも、簡単だからと言って、学科に関しては、やらないと得点は上がりませんし、自分でどんどん進めていける科目ばっかりですので、早めに読んでおくことをお勧めします!

次回は、学科以外に、私が取り組んだこと、読んだ本などを紹介していきたいと思います。


 

error:Content is protected