日商簿記とダブルライセンス 建設業界で有利な建設業経理士資格

パソコン2台日商簿記

日商簿記と合わせて取得したい建設業経理士

帳簿の写真

私の身内が、この建設業計理士2級の、今年の9月の試験を受けたことと、

それにあわせて、

将来的に私が、開業するかもしれない行政書士の業務を調べていると、業務の柱として、建設業の許認可がありまして、それに絡めて、建設業の会計記帳や経営事項審査(略して経審、下で解説)の代行の仕事もあるようですので、行政書士前の基礎知識も兼ねて、建設業経理士に興味が出て、調べてみました。

そして、今は、建設業界にいなくても、将来的に事務職として、就職、転職を考える人、または、ご自分の付加価値を高めておきたい人も、この資格を目指されるのは、有用で良いと思いました。

日商簿記を持っている人には、資格勉強の相性がすごくよくて、スキルアップ、パワーアップできるようです。

以下、どんな資格なのか見ていこうと思います。

ちなみに、経審とは、

経営事項審査(けいえいじこうしんさ)とは、日本の建設業において、公共工事の入札に参加する建設業者の企業規模・経営状況などの客観事項を数値化した、建設業法に規定する審査。略して経審(けいしん)とも呼ばれる。引用:Wikipediaより

建設業経理士資格とは?

電卓の写真

建設業経理士の実施団体は?

実施団体は、 一般財団法人 建設業振興基金というところでした。

建設業経理検定
建設業経理士検定試験は、登録経理試験の実施機関として国土交通大臣の登録を受け、本財団が実施する検定試験です。建設業者が健全な発展を図るうえで、適正な経理と計数を行うことは必要不可欠である一方、建設業は受注産業であり会計処理に特殊な点が多いことから、財務・経理の担当者は高い専門性が求められます。その建設業経理に関する知識...

どういう団体なのかといえば、建築施工管理士や、電気工事施工管理士という国家資格を実施している団体とのことでしたので、決して、資格商法的なことをするあやしい団体ではなかったです。

この建設業経理士は、上の建築施工管理士などとは違って、建設業振興基金の民間資格にはなります。

ただし、建設業経理事務士については、その社会的重要性から建設業法施行規則第 19 条に 「建設業の経理知識審査等事業」として位置づけられ・・・

国土交通省の登録経理試験の実施機関として認証され・・・

建設業経理士検定試験は、登録経理試験の実施機関として国土交通大臣の登録を受け、本財団が実施する検定試験です。

建設業者が健全な発展を図るうえで、適正な経理と計数を行うことは必要不可欠である一方、建設業は受注産業であり会計処理に特殊な点が多いことから、財務・経理の担当者は高い専門性が求められます。

その建設業経理に関する知識の向上を図ることを目的としています。中でも1級、2級合格者は、公共工事の入札可否の判断の資料となる経営事項審査の評価対象の1つになっています。

引用:建設業振興基金HPより

とのことです。

民間資格ですが、国のお墨付きのある資格でありますし、建設業には重要な資格であることもわかります。

そのぶん、建設業は、会計が、他の業種とは違うところがあるので、専門性が必要ということですね。

建設業計理士資格のメリットは?

黒い電卓

企業側からみた建設業経理士を雇うメリット

国や自治体が公共工事を建設会社に発注するときは、請け負いたいと言ってきた会社の信用度を点数化して事前にチェックするのが、上にも書いた経審です。

お役所は、国民、市民の皆様からお預かりしたお金=税金を公共工事に回します。

そのお金が、実績のない企業、会計がでたらめな企業、それらをごまかしたことのある企業などに、だいじな公金を使うことはできないので、公共工事に参加させる=入札させる会社の格付け・ランク付けをして、それを満たさない会社には、入札参加させないことにしています。

それで、格付けに満たない会社を除外して、満たしている会社に工事をさせて、安全な道路や橋などができていくわけです。税金ですしインフラ整備に失敗は許されないということでしょう。

戦後すぐなどの大昔は、まあ、任侠映画などでもわかることですが、
港湾、建設、不動産というのは、大きなお金が動きますし、業者を規制する法整備ができていない、または、チェック機能がなかったなどで、この辺りはずいぶん適当な感じでやっていたのだろうと思われます。

そして、その反省を踏まえて、お上は、この格付け方式を採用したのでしょう。

会社に、1級または2級の建設業経理士がいると、その人数や級が、その経審の点数になります。

(残念ながら3級4級は点数になりません)

つまり、国などが行う公共事業において、会社が入札して事業を請け負う場合、社内に建設業経理士がいてほしいのです。

建設会社にとっては、誰かがこの資格を持っておいてもらいたい、そういう重要な資格になるわけですね。

この経審は、一般企業でいうところの売上高や、経営状況などで、いろんな指標に、それぞれ「係数」がかけられて点数化されているので、この建設業経理士だけが経審の判断材料ではなく、総合的にいろいろ計算されて、格付けが行われています。

でも、この資格を持つものが経理を担当しているということは、他の判断材料よりも簡単で明確に点数化ができるのです。

調べたところによると、建設業経理士1級は素点的なものが1点、2級は0.4点らしいです。

建設業経理士はかなり難しくなるようですが、税理士を抱えるのと同じ効果の1点が加点されるのは、かなりお得な資格であると思います。

1級だけでなくても、2級を持つ人が、経理担当にいれば、上限はあるものの人数分が加算されます。

なにより、複数の経理担当者がこの資格を保有することは、建設会社にとっては、企業の安定性がかなり高まるのではないでしょうか。

従業員側からみた建設業経理士のメリットは?

それは、会社にメリットをもたらすことが、その存在価値の大きな部分ですので、その見返りとして、いくつか挙げられます。

会社にメリットをもたらすことは、よほど変な会社(人材)でなければ、使い捨てにされないということにもつながります。

簿記の話のときにも同様のことを書きましたが、この建設業経理士は、建設業限定ですが、後述します難易度や勉強時間、テキスト代などを考えても、かなりコストパフォーマンスのよい資格だと思います。

会社によっては、資格手当として毎月数千円が支給されるところもあるようですので、その資格取得にかかった費用も、半年ぐらいで、元が取れることも、個人としてはいいことですね。

そして、こういった性格の資格でありますので、就職、転職に有利に働くことも考えられます。車内においても、建設業経理の専門家としての一定の地位を、確保できことにもなります。

他の難関国家資格に比べたら、少ない労力で、その立場になれる可能性がありますね。

建設業に、悪いイメージを感じないのであれば、すごくいい資格だと思いますよ。

建設業計理士の受験要綱

草たくさん

受験地は、全国47地区、つまり、ほとんどの都道府県で受けられるようです。中核地方都市に住んでいない人間にとっては、やさしいですね。私の住む田舎の県でも試験は開催されるのは、喜ばしいことです。

ちなみに、この建設業経理士資格は、1級だけは、かなり難易度が高く、3科目を合格してはじめて、1級ホルダーになれるようです。

ですが「プチ税理士試験」的に、一科目づつ受験して、合格した科目は5年間有効のようですので、仕事しながら1級を目指す人には、やさしい配慮がなされています。

試験日は、上期、下期の年二回開催されます。

3級、4級は下期だけの開催のようです。

そして、家で電卓をたたく勉強ができそうにない人には、3級4級に限っての話ですが、1週間をつかっての「特別講習」で資格が取れるようです。簿記や数字に触れていなかった人にはいいことかもしれません。

受験料等(消費税込)
1級(1科目) 8,120円
1級(2科目同時) 11,420円
1級(3科目同時) 14,720円
2級 7,120円
3級 5,820円
4級 4,720円
2級・3級(同日受験) 12,620円
3級・4級(同日受験) 10,220円

受験者数が簿記検定ほどいないので、受験料はちょっと高めですね。

1級だと、刻んで受けるとかなり受験料が高くなりますが、一気に3つ受けると、共倒れになる可能性もあるので、悩ましいですね。

建設業経理士2級の試験内容

建設業経理士試験の構成も内容も、当然、簿記であることには変わりがないので、簿記検定に準じています。

大問が5つ、出題されるのも簿記検定と同じですね。

簿記2級になれば、工業簿記というのが約半分を占めることになりますが、その工業簿記は部品を仕入れて製品を作るというのが、基本の考えになります。

建設業の会計も、部品を仕入れて建築物を作るということでは、工業簿記に似ているようですので、簿記2級を持っている人には、すんなり受け入れられる勉強内容だと思われます。

結局のところ、特有の論点を覚えてしまってから、とにかく、電卓を叩いて演習するのが、合格への近道なのでしょう。

建設業経理士2級の難易度

難易度は、想像しているよりかは、高くないようです。

ネットの情報では、簿記3級と2級の中間くらいの難易度が、多くの意見です。

簿記3級や、建設業経理事務士3級を受けた人などの、簿記を一度でも学習したことのある人ならば、独学でも、合格を狙えるみたいです。

ですので、日商簿記3級か2級の勉強をしてから、建設業経理士の2級や1級を受けるのが一般的であるように思います。

いきなり、建設業経理士2級を受けることも、年に2回も試験があるので、一生懸命、継続的に電卓を叩いて練習すれば、受かる可能性はあると思います。

建設業経理士2級試験の出題傾向と、その対策方法

本番の試験の傾向は、過去問から同じような問題が繰り返し出題されているようです。

つまり、試験問題は、多くの定番問題で構成されているようです。

ということは、その試験の対策としては、過去問を、何回か繰り返していれば、まず合格基準ラインを確保でそうですね。

そして、受けた人の情報によると、過去問をやっていると何年かの周期でもって、同じ問題が、繰り返し出されていることが、わかるみたいですね。攻略しやすそうです。

建設業経理士2級の合格率、必要な正解率

建設業経理士2級の合格率は、例年「30%~40%後半」で推移しています。

ちなみに、去年のデータでいくと、

  • 令和元年9月 41.4%
  • 平成31年3月 30.8%

のようです。ちなみに3級は60%台の高い合格率みたいですね。

正解率は、70%となっているようです。

しかし、平均点があまりに悪かった場合は、補正が入っているようですね。

建設業経理士2級の勉強時間

調べたところによると、いきなり建設業経理士2級を受ける人はマレなのでしょうか、2級そのもの単体での勉強時間は、書いてありませんでした。

ほとんどの人は、日商簿記3級または2級、もしくは、建設業経理士3級をもっている人を対象とした勉強時間でした。

で、だいたい、一日2時間くらいを、1~2か月で、合格基準ラインに乗りそうです。

120時間くらいですね。

で、確実に一回で合格したいのなら、巷の情報の1.5倍くらいするのがいいと思いますので、一日3時間、もしくは、一日2時間を3か月とすれば(180時間)、一発合格の可能性は高まりそうです。

簿記2級を持っている人は、こんなに要らないかもしれません。

私自身が、人より勉強時間がかかる人間と自認していますので、ちょっと多めに考えています。

受験できる人は?

建設業経理士2級は、誰でも受験可能です。

たとえ、1級でもOKみたいです。当然、3級、4級も。

他の資格のように、実務経験や、3級からしか受けられないという縛りはないので、受験資格の困難性はないのは、うれしいですね。

建設業経理士2級のテキスト

ネットでは、TAC出版のスッキリわかる 建設業経理士2級


もしくは、

建設業経理士2級 出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト


のどちらかを押している人がいますね。

建設業振興基金のHPにも、過去問は載せてありました。

しかし、問題はあるのですが、解答がないというものですので、テキストと問題集は、ご自分と相性の良い市販のものを購入することになります。

もし、お仕事などで定期的に時間が取れない、継続的に勉強する自信がないなど、なにかしらのガイドが必要と考えるのでしたら、資格学校の通信もアリだとおもいます。

生涯学習のユーキャン

 


通信講座のネバギバの中にありますね。

error:Content is protected !!