働く人すべてにおすすめしたい簿記検定①

電卓青色日商簿記

簿記の試験は、他の試験とは一味ちがう

簿記は、働く人すべてに、おすすめしたい資格です。

「ある程度分かる」人もたくさんおられると思いますが、資格を取れば、対外的にもアピールできますし、なにより、自分の自信の一つになると思います。

リアルな電卓

以下では、簿記検定に関することを書いていきたいと思います。

帳簿に記入するので、簿記
英語のブックキーピングから、きているという話もあります。

皆さんも簿記がどういうことをするのかは、だいたいお分かりだと思います。

毎日の取り引きを、それぞれの科目に分けていって、月末や年末にまとめるアレですね。

資格の勉強のことで言えば、簿記検定試験が、他の資格と大きく違うのは、覚えたことを、紙に書いたり、選んだりで、ハイ正解ではなくて、
簿記のテキストで覚えた理屈(論点といいます)を駆使して、電卓を叩いて計算し記入して、その数字が合っていれば、ハイ正解となりますよね。

つまり、普通の文系の試験より、ひと手間・ひと工程多いというわけです。

この簿記検定の勉強の攻略法は、その論点というやつをとりあえず読んでみて、すぐに、実際に電卓を叩いて、演習してみることだと思います。

脳で記憶するよりか指で覚えると言いますか。

手の写真

電卓を叩くことに重きを置く試験勉強になります。
なので、慣れないうちは、ちょっとイライラすることもあるかもしれませんが、すぐに慣れます。

それと余計なことは考えないことです。

その余計な事というのは、現実の会社では、伝票や領収書をパソコンに入力していくだけ、その伝票も読取機で読ませる時代になったから、簿記の資格はいらないという説のことです。

たしかに実際に、電卓やそろばんで計算することは少なくなっていくでしょうし、足し算引き算はパソコンのソフトがやってくれます。

でも、その簿記的な物事の考え方や、その先にある会計を理解するためには、この簿記検定を受けることが、一番手っ取り早い習得方法だと、私は思います。

簿記的な物事の考え方というのは、お金のに対するバランス感覚とでも、いいましょうか。

簿記の試験について

受験希望者が多いので、年に3回、けっこう小さな地方都市でも、開催されます。

日本商工会議所の支部である市町村商工会議所で、たいていは行われると思います。

ちなみに、ここで私が書いているのは、この日商の簿記のことです。
商業高校の生徒さんがうけるのは別の簿記団体みたいですし、その他あと2団体あるらしいのですが、私は詳しく知りません。

一般的に企業がみているのは、この日商簿記なので、私はこれを受けた次第なのです。

それと、私的に、受験に際して、おすすめなのは、なるだけ小さい市町村の商工会議所で受けることです。

別に越境して隣町で受けてもかまいません。

と言いますのは、私は、他の受験生の電卓の叩く音が気になるだろうと思ったからです。

ですので、私と同じように、他人の発生させる音が気になる人は、あえて隣町で受けるとよいです。

実際、受験者数が少ない方が、その電卓の音のストレスが、ずいぶん減りますので。

ちなみに私の住む市は人口10万人弱で、隣の市は人口3万人です。

面倒でなければ、隣町まで行って申し込んで(たぶんネットでも出来るはず)、そこの商工会議所で簿記検定をストレスを減らして受けましょう(都会だとそんなにかわらない作戦かもですね)。

私が受けたときは、私の受験番号は1番でした。そして2番の人まで。つまり二人です。
簿記3級の問題用紙と私の採点結果
職員の方の配慮もあってか、コロナ禍の一年前のことでしたが、机も大きく離してくれましたので、もう一人の受験生から受けるストレスは全くなかったです。

この点は、地方に住む者の弱みが、強みになったところでしょうか。

ちなみに自己採点で83点でしたが、実際は88点でしたw

まぁ、この簿記3級でしたら、噂では、結構満点を取られる人も多いみたいなので、そんなに優秀なわけでもないです。合格基準ラインは、70点ということでした。

すべての商売人は簿記を知っておいた方が良い

二宮金次郎写真

簿記的な物事の考え方は、経理や総務の人だけのスキルにするのは、もったいないです。

ビジネスに携わるすべての人の素養になれば、もっと日本人の一人当たりの生産性がアップするのではないかと、勝手に想像したりもしています。

簿記の目的の一つは、経営方針を判断する材料を、数字で出すことです。

その出された数字に、会社の重役さんたちは一喜一憂し、給料が決まり、みなさんのボーナスが出るか出ないかの、分かれ目の判断材料になっています。

この簿記的な思考はあらゆる行動に通じるというのは、言い過ぎではないような気がします。

二つのボールの重さを量る人の絵

商品の仕入、人件費、賃料、などなどを、バランスよく、その会社の実情に見合った数字を目指すための、指標となります。

そして、このバランスが崩れると、立て直しには多大な労力が必要になったりもします。

この資格で、そのバランスの仕組みを知ることは、商売に携わる者にとって、非常に役に立つと思います。

見せてくれるのであれば、自分の働いている会社の財務諸表を知ることは、とても大切な事だと思います。

それが判らなければ、日々自分がやっている仕事や取ってきた売上が、どういうプロセスで自分の給料になっているのか判らないからです。おそらく知らない人のほうが、多いような気がします。

実は経営者すべてが、簿記と会計をよく知っているわけではない

ユーチューブで会計の話をされる起業酔話のキミアキ先生という方がおられます。

この方は大手の予備校で簿記の講師をされていた方で、その後、奥様と税理士事務所を始めて、中小企業の酸いも甘いも知っておられる方なのです。

そのお話の中で、社長の中には簿記・会計をよくわかってない人が多数おられるとのこと、ましてや従業員をや、ということです。

会社を興してからは、本業に忙しくて、よくわからない簿記・会計は税理士さんにお願いするところは多いと思います。

また、最近までサラリーマンをしていた人が、地元に戻って町工場を引き継ぐなんてこともあるでしょう。

サラリーマンやOLさんであっても、経理部や総務部に居なければ、簿記会計のことは分からない人が多いのではないでしょうか。

街の社長さんのなかでも、いままでの経営の経験である程度の簿記の言葉や仕組みを理解しているけど、この先の経営の道具として簿記の技術を、フルに発揮していない、とのことです。

もし、日本の社長のすべてが、簿記会計を駆使されていたら、日本の中小企業に赤字企業がこんなに多くはないはず。ということらしいです。

会社のオリガミをたたむ人の絵

しかし、一代で大企業を育てた京セラの稲森氏も、初めのうちは、簿記・会計がよくわかっていなかったようです。

その後、簿記会計のブレーンを得て、議論の末に、京セラの経営のノウハウが作られていったとのことです。

上記のキミアキ先生がリコメンドされていたので、私も購入した「稲盛和夫の実学 日本経済新聞出版社」です。

600円しませんでした。字が大きくて、回想録的なので、さらっと読めます。でも、内容は濃いです。

つまり、裏を返せば、働く側の人間の立場からすると、簿記を取得するということは、会社で重宝される可能性が高まるということです。

インディードなどの求人サイトで検索すると、簿記を持っている人の需要がよくわかりますよ。

2級を持っていれば転職にかなり有利ですし、資格手当も出してくれるところも多々あります。

その他のメリットとしては、あなた自身が起業するときに、ものすごいアドバンテージになると思います。

そのほか、さらに上級資格を目指したりFPなどの他の資格への足掛かりになるなどもでしょうか。

簿記3級試験は、なんといってもコストパフォーマンスがよい

簿記3級なら一回の受験と取得までに、全部で、一万円しないです。
受験料がたしか3000円くらい。テキスト・問題集のセットで3000円くらいです。
別の会社の書籍を買っても、一万円しないということです。

あ、電卓もですね。

簿記試験では、電卓はものすごく、重要な道具になってきます。

カードのように小さいもの、反応が遅いもの、そしてテストで禁止されている多機能すぎるものは、使えません。受験の要綱に書いていますので、確認してくださいね。

アマゾンなどみれば、値段と使いやすさがビューでだいたいわかると思います。

カシオ派と、シャープ派が、実務では、おられるみたいです。まあ、初めて使い込んだメーカーがその人の派閥になるのでしょうけども。

で、私は、無派閥のキャノンです。品番HS-1220TUGです。

  • 文庫本より、だいぶ大きめ。
  • 12桁ある。ディスプレイが大きい。
  • ディスプレイが少し、こちらに傾いている。
  • 数字の1ボタンの横に「C」がない(素人の打ち間違えで消えてしまわないように)

まあ、私は、簿記3級という、入り口に立っただけの人間ですので、初心者用の電卓?でいいと思いましたが、さらに進んでいる人たちは、本格実用電卓?なるものをお使いの方が多いらしいですね。

7000円台くらいのものらしいのですが、ま、電卓は長年使えますので、後々のことを考えると、3級受験する前に、良いものを購入しておくのもアリだと思います。

コメント

error:Content is protected !!