海事代理士試験の勉強方法 口述試験編

口述試験の風景の絵海事代理士

海事代理士試験の筆記試験を受け終わったら

海事代理士の筆記試験が終わると、試験会場で模範解答が試験官から配られます。

それと自分の問題用紙と照らし合わせて、自己採点することになりますが、去年の私の場合は、帰りの新幹線の中で、〇付けをやっておりました。

そして、この丸一日かけた筆記試験は、おそらくクリアしたと安堵しました。

新幹線の座席

自己採点で、60%以上(受験者の平均点が60%以上になったときは、その平均点がボーダーラインになります。私の受けた年は約63%の正答が必要でした)あった人は、次の日からでも、早めに口述試験対策を取った方がいいと思います。

口述試験は、筆記試験とは、まったく趣が違ってくるので、口述用の対策が必要となってきます。

以下は、過去の私の投稿でも、少しお話しした部分もあり重複するところがありますが、ご了承のほど、お願いします。

私が、たまたま某大手掲示板を見たとき、海事代理士の口述試験は落ちる方がおかしい的な意見がありました。

掲示板の絵

その意見は、直近の口述試験では、実際の合格率が、ものすごく高かったのがあります。

口述試験の合格率90%台が続きましたので、そういう意見が出るのも仕方のないことだったかもしれません。

だからといって、口述対策をしなくてもよいということにはならないです。

私も、これらのネットの意見を、真に受けて慢心しなくてよかったと思いました。

と言いますのは、これは合格発表後にわかることですが、私が受けた年の口述試験は、

受 験 者 数 160名
合 格 者 数 97名
受験者に対する合格率 60.6% 

となったのです。

一気に合格率が30%以上も下がりました。

過去のデータやそれにもとづく意見が必ずしも、次の年もそうなるとは限らない例です。

余談ですが、サムネイルの画像は、面接を受けている人が若く、面接官が年配者の絵ですが、実際の口述試験は、平均的に見ても受験者の方がずっと年配者だと思います。

海事代理士筆記試験合格の通知を待ってからの口述試験対策では遅い

今年令和2年度の口述試験は「海事代理士になるには」によると、令和2年12月3日(木) に行われる予定です。

私の受けた令和元年度は11月25日(月)でした。

私のときは、一週間くらい前倒しでやっていたんですね。

筆記試験後、筆記合格者には、国土交通省から筆記合格の通知が送られてきます。

海事代理士筆記試験合格についての文書

海事代理士筆記試験合格についての文書

筆記試験の通過の通知は、10月30日付けの文章でした。私は地方住みなので1~2日遅れで、届いたかと思います。

あくまで、筆記テストは主催者側からも受検者側からも通過点ですので、実に事務的連絡風です。

この10月末の通知から、実際の口述試験受験まで1カ月しかありません。

ここから口述試験対策を、始めるのは、リスキーです。

受験者の、かけられる勉強時間や面接の能力は、個人それぞれなのでしょうけど、この日から「暗記したものをソラで言えるレベル」に持っていくのは、日にちが少ないと思います。

自己採点が、60点台のボーダーラインの人も「筆記受かったかな、どうかな」と、あまり悩まずに、ご自身が受かっていると仮定して、早めに口述の練習を開始した方が良いです。

海事代理士口述試験対策

私は海事代理士筆記試験合格通知を受ける前から、ずいぶん早く口述対策に動き始めました

私がやった勉強方法としましては、

海事代理士合格マニュアル
・口述マスター
・厚生労働省のHPの自作プリント

をTPOにあわせて(気分で)、使っていました。

全部、結局は、過去問の焼き写しなので、問題は同じです。

違うのは、厚生労働省のHPの過去問は、当然ですが、出題されたまんまの問題です。

皆さんも問題をコピーされて、年度年度の問題を、見比べてもらえばわかるですが、「定番の問題」がけっこう見つかるとおもいます。

つまり、毎年必ずとは言わなくても、数年に一度は同じ問題が出されるのです。

まったく同じではなくても、ちょっとだけ聞き方をかえてるだけで、ほぼ同じ問題もありました。

たとえば、船舶法の以下の問題が「定番の問題」と言えます。

問 船舶国籍証書の検認を受けなければならない期日の定め方について全て述べよ。
【法第 5 条の 2】

(模範解答)
船舶国籍証書の交付を受けた日又は前回検認を受けた日から、総トン数 100 トン以上の鋼製船舶は 4 年を、総トン数 100 トン未満の鋼製船舶は 2 年を、木製船舶は 1 年を経過した後、国土交通大臣(管海官庁)の定める期日(又は船籍港を管轄する管海官庁により延期された期日)

令和元年度海事代理士口述試験より

なんども、繰り返し出題されていますので、こういう定番の問題は、早めに記憶しておきましょう。

私は、プリントして、同じ問題には大きく✖をして、最終的には、✖していない問題を、ハサミで切って別の紙に張り付けていきました。

私は、この自作のプリントをメインにして、時には書き込んだりもしておりました。

あと、海事六法の読み込みも、毎日ではなかったですけど、勉強のメニューにいれておりました。

筆記試験で昔出されたことがある問題が、口述試験で聞かれることがあるからです。

たとえば、船員法の最後のBグループ問題では、

問 船舶所有者が乗組員の中から、救命艇手を選任しなければならない船舶を2つ答えよ。
【法第118条・救命艇手規則第1条】
(模範解答)
・旅客船
・旅客船以外の最大とう載人員百人以上の船舶

令和元年度海事代理士口述試験より

というのが出ました。今までの、口述の過去問では載ってなかったと思います。

筆記試験の過去問で、どこかは定かではないですが、出たものだと思われます。

なぜかというと、私の海事六法には、線が引かれて書き込みがされていました。

筆記試験の過去問のどこかで、出たという印です。私は、このおぼろげな記憶をたどり、本番で、回答することが出来たと思います。

つまり、口述の過去問ではなく、筆記の過去問から出ることもあるということです。

主要4科目の筆記試験の過去問を、おさらいとして見返すのもいいと思います。

私は、海事六法で、4法プラス施行規則の重要であろう箇所を読み込むようにしていました。

夕焼けの河川敷の絵

口述試験対策の具体例としましては、

私は、買い物のついでに河川敷、スポーツ施設の駐車場に寄って、車の中で、問題、解答ともに声を出して、読み上げの練習していました。声に出すのがこの口述試験対策のカナメだと思います

この読み上げを練習しはじめた頃は、たった今、読んだものなのに、こんどは見ないで伏せて声出ししようとしても、答えられません。

これはもう、なんども、繰り返すしかないようです。

口述試験では、4法律について出題されますので、私は教材を持って出かけて、一法律を車の中で読み上げて戻るという感じにしていました。

その他には、「海事代理士合格マニュアル」の合格体験記の人が書かれていたのですが、音声読み上げソフトに読ませて覚えたということが書いてありましたので、それを真似てやってみました。

私が使ったのは「バラボルカ」という無料の音声読み上げソフトです。

アイコンが、ヘッドホンをしたお月さんみたいなやつです。

まず、過去問の文章を、ソフトの画面に打ち込んでいくのです。

このソフト、タダなので、妥協するしかないのですが、けっこう、漢字の読み上げが「変」なときがあります。
そんなときは、めんどくさいですが、一問一問、テキストを打ち込んだらその都度、確認ボタンを押して、もし「変」だったら、その部分は「ひらがな」で打って音声を修正していきました。

機械が読み上げるのと並行して、文字の色が変わっていくのを目で追えるので、耳と目の学習でしたね。

ブツブツつぶやきながらの作業です。結構、時間のかかる作業でした。

黄色い吹き出し

まあ、今思えば、その文章を打ち込んで、確認して、修正するという作業も、過去問を覚える修行の一つだったと思います。

家では、この読み上げソフトを使ったり、上で書いた口述用の3つのアイテムを使って黙読したり、書き取りしたりしました。

あくまでこれらは私のやり方ですので、自分に合ったやりやすい方法をはやく確立されて、本番では「聞かれたことをソラで言えるレベル」にもっていくことが肝心だと思います。

日本海事代理士会の口述試験対策セミナー

口述試験日の前日に、日本海事代理士会が主催の、口述試験対策セミナーというのがあります。

海事代理士合格マニュアル」の合格体験記でも、皆さん、このセミナーの必要性について書かれていました。

凡人を自認しています私は、どんなに自己流の訓練しても、本番であがってしまい「頭が真っ白になる可能性もあるな」と自己分析していました。

ですので、筆記試験通過の通知があってすぐに、日本海事代理士会のHPを確認しました。

そして、この研修会の募集告知があるのを見つけました。

16,000円とちょっと費用が高いとは思いましたが、一発合格のために仕方がありません。

もうすでに何人かは、申し込んでいて、かつ、定員が24名という少なめの募集でしたので、私はすぐネットで申し込みました。

口述通過者は、165名でしたので、セミナーの受け入れ人数は、それとくらべるとかなり少ないのです。

そのセミナー会場は、晴海の東京海員会館というところでした。

このセミナーを受ける人が、この海員会館に宿泊すると、割引があるらしく、セミナー受講の旨を電話で、係の人に告げると宿泊料は6000円しなかったです。

黒電話

電話のみで予約を済ませました。

東京の他のビジネスホテルに比べたら、かなり安く泊まれたのはラッキーでした。移動しなくてもよくなりましたし。

セミナーは、会議室を二部屋貸し切って行われました。

一つの部屋では、現役海事代理士の講話、もう一つの部屋では、本番を想定した口述練習の部屋です。

それを時間を区切って入れ替えます。

本番の練習部屋では、テーブルを4つ縦に並べて、試験官役の海事代理士の先生が座っています。

これで計4法律の質問体制ができます。受講者は3分間隔で、そのテーブルを巡っていく方式です。

で、このテーブルの縦の列が3本ありました。4×3本で12テーブルですね。

質問する先生と、答える受講者の熱気はすごかったです。

一斉に十数人が話し始めるので、けっこう大きな声にならざるを得ません。

先生とはface to faceです。

12月ですし、部屋は人間の熱気と呼気で、窓ガラスや壁に、結露がすごくできていました。

窓ガラスに結露の絵

ここにきた受講者には、必ず受かるんだという意欲が感じられました。

このセミナーを「受けたら通るだろ」みたいな軽い感じで来ているのではなく、必死かつ真剣なのです。

そして、ほとんどの受講者が、事前に入念に訓練されていて、質問の8~9割近くは皆さん答えられていたのではないでしょうか。

その今までの練習の確認の場として、このセミナーを受講されていたと思います。

私見ですが、受講代と宿泊の費用は掛かりますが、一発合格のためには、このセミナーを受講していて、良かったと思いますし、今後、口述試験を受ける方にも、お勧めします。

家での予行演習では、完全な面接のスタイルはできません。

少なくとも、この専門家との対面方式の訓練を受けることによって、心の余裕が出来ます。

セミナーは、過去問の繰り返し演習ですので、本番で新しい問題が出たら対処は難しいですが、「定番の問題」の取りこぼしをなくすには効果があったと思います。

★ただし、今年はコロナ禍の影響で、このセミナーが開催されるのかは、わかりません。

開催されても、私の受けた結構密なやり方では出来ないと思いますので、衝立をしたり、人の密度を下げたりするのでしょうか。

いずれにしても、受講したい人は、筆記試験合格の通知のある日の前後くらいには、日本海事代理士会のHPをひんぱんに確認するしかないと思います。

error:Content is protected !!