なぜ海事代理士を目指したのか?

海事代理士の合格証海事代理士

あまり知られていない国家資格 海事代理士

写真は、あっさりとした海事代理士試験の合格証です。

あっさりしていますが、これのコピーで、社労士試験の受験資格を証明できたりもします。

余談ですが、受験したときの国土交通省の「紙」は、昔懐かしの「ざらばん紙」でした。

国交省の名誉のために言っときますけど、紙質は良いざらばん紙です。

受験案内も、試験の問題用紙、答案用紙も、このざらばん紙でした。

いやまったく悪いとは思いません、経費削減は結構なことです。

受験者数が少ないので、試験にかける資金が集まりませんから、仕方のないことかもしれません。

お金の妖精の絵

海事代理士は、前述しました八士業の一角とは言え、一般的には知られていない国家資格です。

主婦・主夫の方の、今置かれている状況とこれからの人生に、直接的に関連してこない資格かもしれません。

でも、資格取得が趣味の方には、挑戦する価値はある資格だと思います。

主婦・主夫の方も、人生何が起こるかわかりません。

数年後、行政書士など他の士業を取られて、この資格を絡めて使うことがあるかもしれません。

難しい国家資格であることには間違いないので、受かれば大いに今後の受験人生においても、自信が持てると思います。

私は、この海事代理士の試験勉強にあたり、教材が少なかったのが幸いしまして、とにかく、条文を読み込むクセをこの試験で得ました。

法律の出処は、条文ですから、条文を読むことは、士業で生きていく上では必須のことかもしれません。

海文堂海事六法 付箋を貼っている写真

海文堂海事六法 フセンで開き易いようにしていました

海文堂海事六法に書き込んでいる写真

海文堂海事六法 書き込んでおります

他の資格を受けるときも、海事代理士の受験勉強は、少しですが関連性がありますので、のちのちに役立つこともあります。

たとえば、社労士の試験を受ける人にとってですと、社労士試験範囲のほんの少しですが、船員の特殊性に関することが試験範囲にありますので、その専門用語に馴染みができます。

船員法は、海の労働基準法ですから類似の部分はありますし、船員職業安定法は、そのまま職業安定法と類似しています。まぁ、海事代理士の試験には、社労士試験には出てくる「船員保険法」は出ないのであしからずご了承ください。

憲法・民法も、海事代理士試験では、条文の穴埋め問題が出ますので、その他の法律系資格のベースになる部分です。

隣接の士業の受験を考えておられる人には、この資格を先に受けることで、少しですが、アドバンテージがあると思います。

なぜ私がこの海事代理士の資格を目指したのか

と言えば、一つ目は、この前年に行政書士試験に受かっていたからです。

前述したように、行政書士と海事代理士は、業務の親和性と相互補完の関係がありますので、今、この時期に、この資格を取っておかなければ、将来取る機会が「あるかなぁ?ないかなぁ?」と思い巡らし、早めに取った次第です。

二つ目の理由としては、単純に、海や船が好きということがあります。

20代の頃に、今は制度上無くなって、二級に統合された小型船舶四級の操縦士免許を取りました。

ちなみに、この免許の「級分け」は、船の大きさや沖までの距離で決まります。

ただし、私のこの四級小型船舶操縦士の免状、平成19年で失効しておりますw

まあ、だからといって完全に将来に渡ってずっと無効で、初めから取り直さなければならないわけではないので、時間と金銭に余裕があるときがくれば、「失効再交付」を受けたいと思います。

それと、20代のころからサーフィンをやっております。

今年は近年は、腰痛、ひざ痛でおっくうになる日があるのと(低気圧が来ると波は発生しやすいのですが、私の痛みも発生しやすいのです)、ここのところ、国家試験を連続で受験しておりますので、去年は数回、今年はなんとまだ一回しか、海に行けてないです。

サーフィンは、ごぞんじのように、岸からわずか数十メートル沖で、遊ぶものですが、天候、風向き、潮流、満ち引きなど自然との対話の中で、遊びます。無知と無理は、大変危険です。

サーフィンをする筆者

岸よりでサーフィンする私

釣りやヨット、カヤックを趣味にされる方もおんなじ感覚でいらっしゃるんではないですか。

あと理由というほどのことではないのですけど、

青木雄二氏のマンガ「ナニワ金融道」のシリーズの後ろの方に「落振・県一(おちぶれ・けんいち」という海事代理士が登場します。

まぁ、名前の通り、すさんで、落ち振れた生活をされていましたが、船の手続きに関する詐欺にあう主人公・灰原に、ギブ&テイクしながら力を貸します。

このマンガは、絵が受け付けない人もいるかもしれませんが、かなり実社会の金融、法律の勉強になります。

私はこの「ナニワ金融道」が好きで、20代の初めの頃、単行本を集めていましたが、今は手元になく、いつかの引っ越しの際に処分してしまったのだと思います。

まあでも、最近でもマンガ喫茶やコミックシーモアでたまに読んでました。

この「落振先生」の話の筋を書いたのが、後にマンガ「カバチタレ」の原作者になった田島隆氏です。田島先生は、海事代理士・行政書士として業務をしつつ、原案を書かれたようです。

まぁ、マンガとしてある意味強調されて書かれているので、そのまま行政書士の業務に活かせるかと言えば、全部が全部、そうではないみたいです。

いわゆる非弁行為といって、弁護士以外は、トラブルの交渉はできないことになっているからです。

ちなみに、田島先生は、本も書かれています。



人の営みの中での起きるトラブルに対する、現実的解決策の予備知識になると思います。

「ケンカ術」とセンセーショナルな題名の本ですけど、大人の世界では「手を出した方が負け」になりますので、防衛のための知識という意味ですね。

海事代理士資格を取得する意味

最後に、まとめますと、ある資格があって、それを無駄と思うかどうかは、つまるところ、その人次第です。

他の人に左右されるべきことではないと思います。

私は行政書士と海事代理士、そして今年受けて現在、結果待ちの社労士の三つの資格を、それぞれに絡めて、開業か勤務かは、まだわかりませんけど、近い将来的に、これらを活かしていこうと思っています。

その時が来て、海事代理士資格を使いこなせなくても、私は後悔しないと思います。

業務の幅を温存しておくのは、損なことではないと思うからです。

そして、このブログを書くことによって、忘れかけていた海事代理士試験の法律用語を、思い出そうともしています。

海事代理士
スポンサーリンク
シェアする
アルジオ・メンデスをフォローする
独学でガンバル!社労士・行政書士・海事代理士・宅建etc資格取得応援ブログ

コメント

error:Content is protected !!