海事代理士とは? 難易度は?

日本海事代理士会のパンフレットにある業務内容海事代理士
日本海事代理士会のパンフレット 海事代理士の業務

海事代理士は、船舶・船員関係の行政手続をする仕事

船舶の登記関係は司法書士
船員の労務関係は社労士
船舶関連の許認可申請代行は行政書士

この3つの士業と重なるところもあり、また、重ならないところもあり、

お互いに競合または補完する関係にあります。

この3つの業務のすべてはできないけれども、それぞれについて、一部分は海事代理士ができるというイメージです。

大きな船舶は高額で、不動産的要素もありますから、登記が必要になってきます。

普通のお勤めの方に対する労務関係は社労士が扱いますが、船員には普通のお勤めの方とは違う特殊な法律、例えば、船員法とか船員保険法なとがかかわってくるので、海事代理士もその業務ができるとされているようです。

船舶や港湾の許可、認可、届出は、陸上で言うとところの、自働車の登録や車庫証明のときに代行する行政書士の業務に似ています。

ちなみに、私は海事代理士資格試験に受かってから「日本海事代理士会」が主催した資格者講習会に参加しました。

これは、試験に合格した人が、今後、資格を登録してその後業務を始める前の、実務研修と心構えの講習会でした。

行政書士もそうなのですが、試験に受かっても「実務」とはまったくの別物です

「会」のほうで、登録前の開業予定者向けの講習をしていただけるのは、ありがたいことです。

午前・午後とも、開業されている先生を講師として、業務の初歩的講習を受けて、そのあと夕方に懇親会がありました。

そこでお話しさせいただいた、他の海事代理士試験に合格した皆さんの経歴は、海運会社社員、船舶機械メーカーの代表者、社労士、行政書士などの参加者がおられました。

私は直接会話していないのですが、弁護士の方もおられたようです。弁護士は、司法書士や行政書士など、他の下位資格は包括できるのですが、この海事代理士はその特殊性からでしょうか、包括されていないようですので、弁護士さんであっても、わざわざ受験しなければならないみたいです。

そして、主夫である私は、名刺を持っていないので皆さんから申し訳なさげに名刺を頂きましたw

法律系八士業の末席に存在

八士業とは、弁護士、弁理士、司法書士、税理士、土地家屋調査士、行政書士、社労士、海事代理士 を言います。

なにやら「魁!男塾」に出てくる大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)の対戦相手の並びのようです。さながら弁護士資格が、大豪院邪鬼といったところでしょうか。

 注意したいのは、この八士業、この世にあるすべての資格の難易度のくくりではないのです。

海事代理士よりはるかにはるかに難しい公認会計士、不動産鑑定士、

はるかに難しい中小企業診断士は、このくくりには並んでいません。

さらに言えば、受験資格がそもそも専門性のある大学で履修し卒業して、さらに実務経験のいるという、受験資格を得るために年数のかかる、はるかに難易度が高い資格は、まだまだたくさんあります。建築系、コンピュータ系、医療系などですね。

では、なぜ八つにくくっているのかというと、まだ業務に携わっていない私がいうのもアレですけど、「職務上請求」といって、士業の職権で、お客様の住民票などを取ることができる資格のくくりみたいです。

その並びだと思ってください。

役場での受付の風景の絵

海事代理士試験の難易度

これまで、海事代理士試験の困難性を書いて来ました。

では、この試験の問題そのものの難易度はどれくらいなのでしょうか。

この海事代理士資格に対して、巷にあふれる資格ランキングの指標は、すごくその評価が、まちまちに、わかれているみたいです。

でもですね、ランキングサイトを運営している人のほとんどが、この資格を実際には受験していないと推測されますし、おそらく、いろんな別のサイトを見た上で、適当に、書かれているような気がします。

なので、適当感のあるサイトの評価は、あんまり当てになりません。

というのは、この海事代理士試験は、合格率だけで判断すると、かなり簡単な試験と思う人もいるでしょう。

確かに、司法書士の2~3%、社労士の6%前後、行政書士・宅建の15%に比べたら、合格率はものすごく高いです。

これだけ見た人は「楽勝」と感じてしまうと思います。

私が受けた年は、前年に比べて、かなり口述試験が難しくなって、最終合格率(筆記と口述トータルで)は34%くらいになった模様ですが、それでも、まだ高い合格率です。

その前年は、筆記60%くらい、口述90%くらいで、トータル合格率は、50%代の合格率だったと思います。

合格率だけで言えば、国家資格の中では、ものすごく高い方であるのは事実です。

でも、海事代理士試験の受験生の素性が、資格に対してガチ狙いで、そもそも行政書士の先生とか海運会社の人など、意識高い系の方々が多く占めるということと、試験日が平日開催ということもあって、記念受験組などの「無勉強層」は少なくなっていますから、必然的に、合格率は上がります。

ネットの世界だと「誰でも受かる試験」という評価をする人もいます。

確かに誰でも頑張れば受かると思います。ですが、決して、ふわっとした浅い勉強で、誰でも受かる試験ではないです。

口述試験対策は、御経を覚えるくらい、または、演劇のセリフを覚えるくらいの労力はいります。

口述試験を答える人の絵

で、最後に、この海事代理士試験を受けた、私なりのこの試験問題そのもの難易度は、行政書士試験と宅建士試験の間という評価です。

あくまで私の感想です。

ひとつひとつの問題肢の難易度は、宅建士試験の方が難しい問題があるかもしれません。

ですが、宅建は四肢の択一問題です。

海事代理士試験は、語群からの番号選択か、穴埋め記述がメインです。

語群からの選択は、比較的容易ですが、穴埋めは覚えていなくては書けません。

ですので、あいまいな知識では、解答欄に書く、答えの漢字そのものが思い浮かばなくて書けないのです。

ですので、筆記試験対策においても、要らない紙の裏にでもいいですから、とにかく手を動かして、漢字の羅列に慣れておくことも大切です。読んで知っていても、文字に出来ないことってありますので。

試験時間は、宅建は2時間の筆記のみ。海事代理士は4つに区切って、丸一日かけての筆記です。

1時間30分、1時間、2時間10分、2時間10分の4時限ですので、トータル6時間50分。

途中退室はできるのですが、丸一日試験に拘束されるのは、けっこう疲れます

そして筆記合格者には主要4法律の口述試験が、東京の国土交通省本局で行われます。しかも、何度も書いていますが、平日です。

海事代理士試験は、受かるまでのリアルな物理的な道のりは、行政書士・宅建・社労士に比べて、困難性があります。

試験対策用のテキスト・問題集の選択のなさ、受験地までの距離、船舶の法律の難読性などもあります。

船舶法・船舶安全法はいまだにカタカナの条文でして、

明治時代の息吹が令和の時代に感じられます。

船舶法の条文の抜粋

船舶法の条文の抜粋

カタカナの条文も、結局は「慣れ」ですので、何回か目にすると、大丈夫になります。

受験者数でいくと、宅建は二十万人超、海事代理士は数百人です。

ですので、宅建試験の受験者数を「約何人」で表す際での、1000人以下での切り捨て範囲の受験者数しかいません。

個人的には、海事代理士の受験者数、有資格者数がもっと増えてくれたらいいなと思っています。

資格の底上げもありますが、そもそも、日本は海運での輸出入で成り立っています。

海運の衰退は日本の衰退に直結すると思うのですが、御多分に洩れず、そこで働く人員不足、高齢化が起こっているようです。

海事代理士は直接的には、海運をする立場ではなく、その業務を手続きを通して、バックアップする立場です。

まだ海事代理士の登録もしていない私が言うのも、おこがましいのですが、業界の盛り上がりの一助になるのではないかと思います。

 

海事代理士
スポンサーリンク
シェアする
アルジオ・メンデスをフォローする
独学でガンバル!社労士・行政書士・海事代理士・宅建etc資格取得応援ブログ

コメント

error:Content is protected !!