海事代理士試験の勉強方法 筆記試験編 四限目(来年の参考で)

運河を渡る大型船の写真海事代理士

海事代理士筆記試験四限目について

一限目から三限目まで書いて参りました、この海事代理士試験の勉強方法についても、ラストの
四限目になりました。

この四限目は、15:30~17:40の、三限目と同様の2時間10分の長丁場になります

筆記試験の開始は、朝の9時から始まりましたので、まさに、朝から晩まで、勤務時間に相当する試験時間になります。

この筆記試験は、地方運輸局がある、地方エリアの中心都市で開催されますので、さらに、地方の近隣県民の受験者にとっては、かなり早朝から動き出しておられることと思います。

私も確か、6時台の、始発に近い新幹線に乗って、地方中心都市に向かいました。

この四時限目には、口述試験の科目である「船舶法」と「船舶安全法」が、4限目の頭に2つ連続で出てきます。この2科目は、配点が20点になります。

この2つの科目と合わせて、あと、配点10点の科目が、4つ続きます。

3限目は、10点配点の科目が7科目でしたが、この4限目は、6科目です。

一つ科目が減ったと思わせておいて、実は、配点20点の船舶法と船舶安全法が、ありますので、10点配点で換算すれば、8科目分の問題量となります。

ですので、3時限目と、同じ2時間10分の試験時間ですが、10点分の問題は多くなってしまうのです。

時計の写真

まあ、それでも、時間が無くて、解答できなかったというのは、おそらくないでしょうから、過度な時間の心配はいらないと思います。

今までも、書いて来ましたように、この海事代理士筆記試験は、実際、問題を解く時間は、余裕をもって、問題に向かうことが出来る時間があるですが、さすがに、朝から晩までなので、疲れてきますね。

でも、これで最後の筆記試験の時限になりますので、いつか、この海事代理士試験を受けられる方は、疲れに負けず、頑張っていただきたいと思います。

ちなみに私は、この四限目は、80点満点中、74点の自己採点となりました。

海事代理士4限目の問題用紙と私の自己採点

海事代理士4限目の問題用紙と私の自己採点

以下、各法律ごとに書いていきます。

船舶法(配点20点、口述試験の科目でもある)

船舶法は、その名前からもわかりますように、船の基本法的扱いになります。

船を、人間に見立てると戸籍にあたる、船舶国籍証書についても、まとめてあります。

この法律から、いろんな法律が、分化、独立していったイメージですね。

以前にもお話ししましたが、この船舶法は、令和に残る明治の息吹が感じられます、カタカナ条文です。

日本語なのに、始めは、読むだけでも、なかなか進まず、疲れてしまいます

文字を読むのに疲れた人の絵

ですが、始めの頃に、いろいろな難解な日本語の読み方を、ネット等で、その都度でもいいですから、検索して慣れるしかないように思います。

「請受ケタル」とか、「若シクハ」とか、「雖モ」など、ですね。

相手は日本語ですので、慣れたら、普通になってくるはずです。

過去問も始めのうちは得点しにくいかもしれませんが、慣れてくればだんだんわかってきます。

そして、船舶法の問題。

大問1.は、穴埋めの記述問題です。配点は12点になります。

船舶法の条文自体も、そんなに多くの量はありません。約40条です。

そのかわり、「施行細則」のほうからの出題も多いです。

細則では、「登録手数料がいくら」「証明書の交付の手数料がいくら」という問題も出ます。

実際の金額を覚えるわけですね。

私は、条文の金額を別の紙に書き出しておきました。

登録手数料などの金額を書いた紙

登録手数料などの金額を書いた紙

電子申請のときはちょっとだけ安くなること(なぜか100円引きと200円引きがある)と、外国で申請したときも金額が変わってくることが、問題になりやすいと思います。

実に、この手数料の金額の問題は、行政手続きの代行業務をする海事代理士の、試験の感じがします。

ちなみに、海事代理士試験なのに、海事代理士法は問題としてはないのです。

大問2.は、正解率50%の〇✕問題です。

ですので、船舶法は、条文はとっつきにくいのですが、出題の形式は、易しいです。

この船舶法は、口述の科目でもありますので、筆記試験の段階から、脳に定着させておくと、筆記後のアドバンテージになると思いますので、頑張っていただきたいです。

私は、20問中、19問取ることが出来ました。

間違えたところは「住所」とするところを「船籍港」としていました。

船舶安全法(配点20点、口述試験の科目でもある)

こちらの船舶安全法も、船舶法同様に、カタカナ条文です。

そして、口述試験の問題であり、かつ、筆記においては、配点は20点の科目になります。

ふわっとした理解ですが、自動車でいうところの、車検証に似た、船舶検査証書に関することが、出題のメインの一つという法律です。

錨鎖庫で検査する人の写真

この法律では、25条の2から、25条の72、という「付け足し過ぎだろ」と思うところが出てきますが、ほとんどでませんので、大丈夫だと思います。

出題は、それよりも前の方が重要になってきます。

「令」はわずか6条で見なくてもいいかもですが、「施行規則」からは、問題が出されています。

施行規則は、細かいので、すべてをカバーするのはちょっと現実的ではないですから、過去問ベースで、条文に当たっていくのが良いかと思います。

私の海事六法では「第2節の検査の執行」で、第一種~第三種の中間検査の表に、丸や線がつけられていました。

このように、船舶においては、検査の種類がいろいろありまして、定期中間臨時臨時航行、それと製造などがあります。

ですので、これらの意味と「数字」を覚えていかなければなりません。

また、検査ばっかりひんぱんにしていたら、検査する側も、される側も大変ですので、国ではない機関にその検査に準じたものをさせて、OKにしようというものもあります。

自動車では、民間車検場みたいなものと、私は理解していました。

また、新しく船舶が作られたときは、その部品、部品が、メーカーで作ったときに、基準に適合していたら、いちいち再度、検査しなくてもよい型式承認制度もあります。

では、船舶安全法の問題。

  • 大問1.は、穴埋めの記述で配点が11点と変則で、
  • 大問2.は、いろいろある検査の省略が認められるものという難問で、配点3点。
    私は、ここでは得点できず。
  • 大問3.は、またまた穴埋め記述でした。配点6点。

ですので、大問1.と大問3で、10問中、17問も穴埋め記述になります。
よって、カタカナ条文で、始めは辛いですけど、過去問と条文の読み込みは必須になります。

私は20点中、17点となりました。

船舶のトン数の測度に関する法律(配点10点)

この略して「トン数法」は、条文数が少なく16条しかないですし、ほとんど「法」からでますので、
頑張って記憶するしかないです。

得点源になりえる科目で、頑張れば、満点取れる科目になります。

日常生活では、「トン」といえば、普通は1000kgの重さのトンを思い起こすのですが、このトン数法のトンは、「重さのトン」と、「そういうものとしてきめた単位としてのトン」があります。
そして、さらに、そのトンにも種類があるのです。

  • 総トン数は、船の内容積全部、
  • 純トン数は、貨物室の内容積、
  • 載貨重量トンは、荷物を積んだ状態からにもつを積まない状態のと体積の差

などがあります。

100tと書いた木槌の絵

最後の載貨重量トンは、いわいる重たさのトンですが、上の二つは、係数をかけて計算するトンというものだそうです。

詳しくは私もわかりませんが、総トンと純トンは、そういうものみたいです。

実際のところ、このトンの深い意味などを知らなくても、点数は取れますので、省エネで試験をクリアしたい人は、過去問をとにかく覚えることだと思います。

意味をもっと知りたい人は「海事一般がわかる本」にも書いてありますので、参考にして下さい。

問題は10問の語群選択ですので、問題形式としては易しいです。
過去問と条文読み込みで高得点が狙えます。

私は10点中10点取れました。

造船法(配点10点)

読んで字の如しの船を造る際に規定する法律になります。

この法律は、13条と「法」の条文数は少ないです。

数字と用語に、まず慣れて、記憶することからはじめることになります。

船を造る「施設」に関しても勉強範囲になってきます。造船台、ドック、引揚船台などです。

そして、施行規則の細かいところまで覚えていきましょう。このあたりは骨が折れますけど。

過去問を見ればわかりますが、施行規則から出題されます。しかし、海事六法には、この造船法施行規則は、載ってないので、e-govからダウンロードしました。

 

施行規則の5条の表からは「なんという報告書で、何月何日までに、年何回提出」ということまで出されます。実に覚えにくいです。

私は、これを別の紙に抜き出して覚えました。

 

造船法施行規則をまとめた紙

造船法施行規則をまとめた紙

私オリジナルなゴロ合わせもあります。

「凄惨だ!心臓ここにジュー ゴー行こー 純一行こー」生産状況報告書

「施設に銃声 効果は運」船舶用機関等施設状況報告書

大問1.では、穴埋めの記述、配点5点。
大問2.では、〇✕問題ですので、得点になりやすい形式の科目でもあります。

私はこの造船法は、10点取れました。

国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律(配点10点)

この法律は、勉強した人は高得点、さらっとだけの人は、低得点になる可能性のある科目です。

なぜなら、穴埋め記述問題が10問なのですが、漢字の熟語・用語が、やたら長いのと、なんとなく似ている表現のものが、あるからなのです。

たとえば、

船舶警報通報装置の装置と、船舶指標対応措置の措置
船舶保安統括者と、船舶保安管理
船舶保安証書と、船舶保安規程と、船舶保安評価書と、船舶保安記録簿

なんかです。

私もそうですが、海関係でない普通の人が軽く学習したくらいでは、覚えきれていないので、本番で、正確に、解答用紙に書くというのは、難しいのではないかと思います。

事前に、じっくりと書き取り練習するなどして、覚えれば、高得点も狙える科目だと思います。

私は10点中、9点でした。

船舶の再資源化解体の適正な実施に関する法律(配点10点)

一日で、20科目にも及ぶ、海事代理士試験の筆記試験も、これでラストの科目になりました。

最後は、新しく加わった、この法律になります。シップリサイクル法ともいいます。

廃船の写真

これについては、過去の記事に新しい法律の対処法をまとめてありますので、ご参照ください。

海事代理士試験の勉強方法 あれば勉強はかどる編 海事六法
理解を深めるためにも要ると思います ローコスト編では、 とにかく、低予算で、この海事代理士試験に受かりたい人向けに書きました。 「国土交通省の過去問のみで頑張る方法」もしくは「海事代理士合格マニュアルをプラスして頑張る方法」という...

この法律は、私のもっていた海事六法には、その発売日のあとに、この法律の施行日となったので
載っていませんでした。

仕方がないので、e-govからダウンロードしたものを自分のテキストとしています。

この法律は、海事代理士合格マニュアルにも、当然の載っていませんので、どういう問題が来るのか不安でしたが、
本番では、語群選択10問となりましたので、出題の形式としては、易しい方になりました。

この法律の勉強には、不安感も手伝って、時間は他の科目よりもかけました。

結果的には、私はこの法律では、10問中、9問でした。

海事代理士筆記試験を一度で通過するために

これで簡単ではありましたが、海事代理士の筆記試験に対して、私が取ってきた対策と解説をしてまいりました。

社労士試験も受けた者の意見としては、船舶の法律は、労働安全衛生法に似ています。

実務者でない者が、施行規則まで手を伸ばし過ぎると、底なし沼にハマる感じになりますので、やはり、過去問ベースにした反復練習と、過去問に出されている施行規則をあたり、各法の基本事項の書かれた前の方の条文の読み込みが、大事になってくると思います。

そして、これは凡人を自認している私の意見なのですが、この試験を一発で確実に通過したいのであれば、ある程度、反復の勉強に時間をかけることが必要になってくると思います。

ネットで流布している「一カ月で」とか「短時間で」、合格する人も「なかには」いるという話であって、万人がそのやり方で、うまくいく保証は無い気がします。

勉強の仕方は、最終的には、個人個人で、ご自分の環境に合った、やりやすい方法を編み出していくしかないと思います。

私のやり方が、皆さまのご参考になれば、幸いです。

error:Content is protected !!