資格試験に参入する前と、テキスト選びについて

大きなハテナマークあいさつ・雑記

本格的に資格試験に参入する前に

もし、その受けたい資格に関してマンガ本が出版されているなら、勉強を始める前に、または、開始した初期段階で、さらっとでもマンガ本を、読んでみることをお勧めします。

なぜなら、その資格勉強の内容や、その資格を取った後の業務の内容と、自分の性格や適応性に、ミスマッチがおきることがあるからです。

パズルのピースを合わせる写真

たとえば、中学・高校時代に、数学・物理に対して苦手アレルギーがあったのに、電気工事士や土地家屋調査士を目指すのは、そもそものハードルが超高いですよね。

ああ、私のことです。

自分の性格、文系・理系の適合性、勉強のために取れる時間、人生でやりたいこと、資格をもっていて安心できること、その資格の社会的評価、資格の難易度などを、総合的に考慮して、その勉強を始めるか否かを決めるのが良いです。

一度、勉強を開始すると、初期投資のお金と、その後に膨大な時間を充てることになります。

その勉強が、自分の性に合ってないと気付いたなら、引き返すのは早い方が良いですし、自分に合った別の有益な資格をサブとして考えていたのならば、そちらに早めに注力した方が良いです。

そのためにも、マンガ本は、勉強を始めた初期の段階ではすごく有用です。お勧めします。

なぜなら、マンガ本は「これはちょっと合わない」と判断する材料としては、丁度よいのです。

マンガ本なら、値段も少額で済みます。

さらに、その資格を「受験するぞ」と心に決めたのなら、そのマンガ本を読み込むことで、初期段階に、その資格の基本の理解にもつながりますし。

私よりちょっと前の世代の人では、マンガを低級なものとして扱っていましたが、今では、その有効性は認められてきましたし、事実、絵や動き、ストーリー性のある話の構成は、専門用語も頭に入りやすいのです。

人間の記憶する仕組みでは、単に文字列を覚えるよりかは、それに関連する背景を知ることや、ストーリーを絡めると、脳に定着しやすいみたいです。

マンガの役目は、絵とストーリーで私たちに訴えかけることですから、これと初耳の専門用語が絡むと、馴染みができやすいです。

例えば、昔見た、アニメの一部分なんかでは、日常生活では思い出せなくても、改めて見たときに、無理に思い出そうとしなくても、次のセリフが出てくることってありませんでしたか。

また、勉強に本格参入し、テキストなどを購入した後であっても、マンガ本は有用です。

なぜなら、テキストで初見の専門用語は難しすぎて、すぐにその意味が理解できないからです。

少なくとも私はそうでした。

勉強を始めたばかりの頃の、テキストを読んでも「何言ってるのかわかんない」状態は、独学者の初めの挫折ポイントだと、思われます。

理解できないという理由で、イライラして勉強を辞めてしまうという選択よりかは「ちょっとマンガ本を見てみるか」くらいで、初めのうちは、ちょうど良いと思います。

そのあと、勉強を進めていくと、いづれにしても、テキストも問題集も何度も繰り返し読むことになります。私の場合、マンガ本が、その最初の筋道を作ってくれていました。

ただし、マンガ本だけでは、資格試験は合格できません。そして、マンガ本が出版されていない資格もあります。

それらは仕方がないので、なるべく初学者向けの易しい本を選びましょう。

資格勉強のテキストは、先生となる

私のテキスト選びで重要なのは、本屋さんで、その手に取ってパラパラ見たテキストは、文字・紙を通して、語りかけてくれるか?ということです。

実際の生身の先生と接するときと同じように、テキストとの相性は、とても重要です。

そして、リアルの世界でも、一人の先生を師と仰いで、話を何度も聞いて、理解を深めていくパターンもあれば、同じジャンルの他の先生の話を聞いて、別の角度で理解が深まるパターンもありますね。

以下は私の個人的見解をお話しします。人によっては合う・合わないがあると思いますので、その点、ご了承ください。

資格試験のために通学や通信を選んだ場合、相性の良くない先生だと勉強を進めていく中で「なんかしっくりこないなぁ~」とわかったとしても、変更が効きにくいです。

そして、そのコストが数万円から数十万円と大きい。

無駄ではないのでしょうけど、時間のロスもとても痛いです。

市販の書籍では、書いている先生との相性(本のコンセプトとの相性)が自分とは「合わないな」と感じたら、別の書籍に切り換えることは容易で、コストも通学に比べたら、ずいぶん少額となります。

例として私の場合、直近で受けた社労士試験のテキストで、一番初めに、音声はポッドキャスト的な配信と条文ベースの本がセットになったものを、ネットで取り寄せたのです。

音声ダウンロードとテキストで、7000円もしないので「こりゃ安くていいや!」と思って購入したのです。

初めのうちは、まあ、労働基準法くらいまでは、とりあえずこんなものかと聞いていたのです。

先生の声は、男性の低くて聞きやすい声ではありました。

しかし、先生が、口を開いたときのなんと言いますか「チャ」とか「パッ」とかいう音が気になりだしたのです。

音声だけなので、もう気になりだすと、駄目でした。

教室での講義とか、動画ならまだ気にならなかったことかもしれませんね。

このセットのテキスト本体の方も、これは後でわかることなのですが、あまりに基本のことをピックアップしたものであって、私が過去問で間違えた箇所をこの本で検索しても、その条文すらないことがありました。

このテキストは、社労士資格の勉強に本格参入した後は、次第に使わなくなりました。

この初めてのテキストの書籍代はある意味、無駄となりました。

ですが、通信や通学で同様のことがおこったら、比べ物にならないくらい、かなりの金銭的痛手とストレスだったかもしれませんし、そもそも、受験に挫折していたかもしれません

余談ですが、ユーチューブの中に「社労人」という方がおられまして、私は陰ながら、同士と思っていました。

その方は、今回で2回目の社労士受験でいらっしゃるのですが、おそらく関東圏にお住まいで、大手予備校に、通学もされておられたようです。

その方のユーチューブでのトークの中で、社労人さんのクラスは初め15名ほどおられたようですが、直前期には、半分くらいの8名になったそうなのです。

まあ、社会人の通学では、転勤とか退社とか家族の都合など、いろんな要因があると思いますので、すべてがすべてではないでしょうけど、20~30万出してても、途中で受験日を迎える前に、この資格試験レースから「退場」する人は、おられるのです。

話を戻しますと、そのテキストとの相性が合わないと分かったあとに、私は再度の「先生」探しです。

私は社労士試験にあたって、紙の本だけで勉強をこなしていくのは、自分の集中力のなさと、最近の眼精疲労で「ちょっと無理かな」と思っていました。

ですので、音声を聞いたり動画を見ながらのものがよいと、感じていました。前述のテキスト選びでも、音声のダウンロード付きの教科書を選んでいるのもそのためです。

私は、次の自分にあった「先生」を探すのに、結構、悩んだ気がします。

そして、値段との兼ね合いもあり、大原の社労士24というパワーポイント?を使った動画配信のもの「のみ」を取り寄せました。

さらに、この社労士24に「直前対策」をつけると、12万くらいになっていたと思いますが、私は付けませんでした。

直前対策の意味すらその時はよくわかっていなかったことと、単純に、お金のことで、です。

まあ、この社労士24自体が本科コースの人のオプションの位置付けみたいな感じです。

値段は社労士24「のみ」でも、8万円くらいですので、書籍のみで考えるとすごく高いですが、通学・通信に比べたら、まだまだ、安いです。

この社労士24のテキストは、他のテキストと比べて、大判で、すごく薄いです。

動画の内容をプリントしたもので、このテキストは成り立っていますので、復習用と言った感じですね。

基本のことを中心に、マニアックな部分は、極力除いているようです。私は、結果的に、この社労士24を使ってよかったと思います。

それから、私はこの先生(実際は大原の金沢先生の声)をメインにして、勉強を組み立てていきました。

まとめ|社労士資格試験のテキスト選び

その資格と、自分の適性を見るために、マンガ本を使うとよいこと。

その資格の受験を決めたなら、テキスト選びは、自分との相性で選ぶこと。

途中で「違うな」と思ったら、軌道修正は出来ること。

あいさつ・雑記
スポンサーリンク
シェアする
アルジオ・メンデスをフォローする
独学でガンバル!社労士・行政書士・海事代理士・宅建etc資格取得応援ブログ
error:Content is protected !!