社労士試験を独学で合格ラインに乗せる①

わたしたちはできる。社会保険労務士

社労士試験は独学でいけるのか

 

覚え込みをしている人の写真

いけると思います!

でも、まず初めに皆さんに断っておきたいことがあります。

社労士試験に関しましては、私は今年(2020年)が初受験でありまして、結果待ちの身であります。

(追記:合格していました!)

自己採点で、なんとまあ、ちょうどボーダーライン上にいます。択一44点です。

今まで過去に取得してきた資格を書くときのように、強い自信をもって書いているわけではありません。

でも、一応、ボーダーライン上に乗ったことで一年目の社労士受験生の勉強方法としては、まあ、方向性としては間違っていなかったとも言えます。

もちろん、足りてない部分があったのでボーダーライン上なわけでありますから、その部分においては、ダメなところもあったと重々認識しております。

それは、

年金科目です。

このことは別の記事で後述することにいたします。

 

で、この社労士資格の試験は、私にとって、

  • 置かれている立場、
  • 金銭的なこと、
  • 地方に住んでいること、
  • 自分の脳力を勘案して、

現状、マックスな資格だと思いました。

 

それ以上の上位資格はちょっと環境的に能力的に無理だと判断しています。

この社労士試験を受ける前に、一応、他の資格と私の脳力を比較検討したこともあります。

私は前に行政書士試験に合格しているので資格の難易度ランク表では、社労士と同程度の枠の中にある「土地家屋調査士」を検討しました。

土地家屋調査士は測量したものを登記する資格者で、登記簿の「表題部」の登記をする仕事です。

測量をする人の絵

土地の手続きをするということで、私が受かっている行政書士と絡めるとシナジー効果があるみたいです。

ちなみに「権利部」は司法書士のお仕事ですね。

測量ということでお気づきかと思いますが、試験内容に数学的要素の多い資格です。

私は、中学・高校のときの苦手科目は数学でした。物理も苦手です。

図形の計算くらいまではなんとか理解できたのですが、三角関数のサイン・コサインあたりで挫折しましたw

三角定規の絵

一応、「よくわかる数学」や「マンガでわかる測量」などの本は取り寄せて検討したのです。

去年の12月の初め頃ですね。例によってマンガからですw

「まんがでわかる測量」の出版はオーム社というところで、電気・土木系のエンジニア向けの本の会社みたいです。

ネットで買うのもはずかしいような、花の子ルンルンの時代のような表紙の絵です。

「よくわかる数学」は、サブタイトルに「測量士補、土地家屋調査士をめざして」とついています。出版社はこの土地家屋調査士資格で有名な東京法経学院という資格予備校です。

ちなみに私がこの東京法経学院に通いたくても住んでる県には、この予備校はありませんし残念ながら近県にもありません。どうやら土地家屋調査士は受験者数がそこまで多くないので、予備校の地方開校はないようですね。残念ですけど仕方がないことですね。

 

以前、当ブログで書いた内容で、まず取りたいなと想うその資格が、自分に合うか合わないかを判断するのに、マンガ本や初心者本で判断することをみなさんにおすすめしました。

この私の土地家屋調査士を受けるかどうかの判断がまさにこれに該当します。

この方法は、引き返すのに、つまり受けるのを止めておく判断をしても、金銭的・時間的に痛手が少ないのです。

ちなみに、この「よくわかる数学」「マンガでわかる測量」は、記念に部屋の本棚にインしていますw

文系脳の私にとっては「やっぱ理系脳の人ってすごい」そう思わせる出来事でもありました。

 

社労士試験を受ける前にやっておいたほうが良いこと

数式の黒板

話を社労士試験に戻しますと、資格の難易度・トータル勉強時間数などの下馬評は、行政書士や海事代理士より手ごわい相手だと認識しておりました。

ですので、とにかく「今年のお正月とお盆はないものと思え!」と自分にだけ言い聞かせます。「趣味的な活動も控えるように!」と自分にだけ言い聞かせます。

私は週一回武道系の習い事を、隣の市まで習いに行っていたのですが、行くとやっぱりどっさり疲れて、その日と次の日くらいまで体力が回復しませんでした。

ですので6月くらいから、先生にお話しして稽古をお休みしていました。

自分の余暇時間の犠牲と、ある程度の家族の協力がなければ、自分に課した勉強という名の任務が遂行できないです。

資格が難しくなればなるほど、その度合いは強まります。

1人暮らしであるならまだしも、家庭の一員なら尚更ですね。

社労士試験もその勉強期間は、かなりの長丁場になります。人によっては数年にわたります。

このあたりの調整や話し合いを勉強を始める前に、ご家族としておかないとすぐにでも、お互いにストレスを感じるようになって、勉強に苦戦することになると思います。
話し合いましょう!

夫婦のもめごとの絵

資格取得にまつわる時間確保と人間関係
資格試験の時間確保と人間関係 資格の種類によっては、取得までの道のりがとっても長いものもあります。 例えば、「超」のつかない難関資格の社労士資格試験では、一年で1000時間くらいと見積もられています。 一日3時間の勉強時間を333...

 

資格予備校の威信をかけたデータ収集と解答予想|社労士試験

この社労士試験の正式な結果発表は、11月の初旬に、厚生労働省のホームページで発表されるとのことです。そして郵送にて通知書の送付の流れです。

試験日は8月23日(日)でしたから、約2か月半、すごく長い待ち時間となります。

自己採点や予備校の予想もあくまでも仮ですので、ヤキモキする時間が、いたずらに過ぎていくのです。

私のようにおそらくボーダーラインの上の人間は、8月23日から一週間くらいは、パソコンの画面で検索しまくりwだったと思います。

何を検索するのかと言えば、大手の資格予備校が出す合格予想ラインのデータのことです。

試験が終わったときから、各予備校の威信をかけたデータ集めが始まります

こんなのがあるのかと、私はこの時まで知りませんでした。

ふと何かを検索したときに「各社こんなのもやってる~」と、たまたま知ったのです。

自社の受講生もさることながら、私のような予備校の部外者も入力出来て、それらの自己採点を集計し、自社の過去のデータと問題の難易度などを勘案して、今年の合格予想ラインをあぶり出すということが行われています。

私は、TAC、LEC、辰巳法律に、自分の自己採点を入力しました。

これ、ポチポチ入力するのがめっこうめんどくさいし、表示画面にたどり着くのにも、どこだ?どこだ?と探してしまいましたが。

大原のやつにも入力したのですが、どうやら解説の動画を配信するやり方なので、他の人と比べることは出来ませんでした。


以下は、その私が入力したデータです。

まずはTACから。

TACのデータによる私の選択式試験の点数

TACのデータによる私の選択式試験の点数

TACのデータによる私の択一式試験の点数

TACのデータによる私の択一式試験の点数

左が私の自己採点(仮)で、右がTACに情報提供した人約1500人の平均です。TACの択一の予想ラインは44点です。

(仮)としたのは、あくまで自己採点だからです。マークミスや、転記間違いがあれば、ドボンですので。


LECのデータです。

LECのデータによる私の社労士試験の点数

LECのデータによる私の社労士試験の点数

LECの択一の平均点は39.9点です。

データの人数もTACよりも少ない約900人のデータです。TACとの平均点の差は2.7もあります。

ちなみに、TACにデータを提供した人数が一番多く、かつ、一番得点が高いです。

TACデータの択一の平均は42.6点です。例年の全受験者の得点はだいたい30点ちょっとくらいなので、全受験者との差は、12~13点もあるということみたいです。

TACにデータを提出した人たちは「そもそもTACの受講生」「意識高い系」「ボーダー辺りでソワソワ組」の人たちです。わたしは三番目のソワソワ組です。

 

各社がデータを集めるのは来期の受講生集めのこと、つまりは、商売のことが絡んできますから、大きく予想を外すことはメンツにかけても出来ないでしょう。

そして、予備校の出したデータを分析して、独自の予想をブログなどで出している社労士さんもいます。社労士銀次郎社労士ヒカルが有名なところみたいです。

大手ではない予備校は、集めるデータのサンプル数が少ないので、最終的には、担当の先生の、経験と勘に頼っているのでしょうか。

それらを表現するのに「肌感覚」という言葉を、皆さん使うんですね。知りませんでした。

で、択一。

クレアール42点、山川予備校45点です。だいぶ開きがあります。山川の予想だと私は落ちますね。

ああ、余談ですが、この択一式は、70点満点のテストです。

で、当局の規定通りだと、7割の49点獲得しなければならないのですが、それではあまりに合格率が下がるので、じゃあ、例年だいたい45点くらいの難易度にしましょうかとなったみたいですけど、それでも難しい年があって、42とか43とかの年があるようです。去年は43点でした。

問題の作る側も大変なのはわかりますが、自分たちで引いた基準を上げ下げするのはどうなのかなぁと思います。(ま、私はその上げ下げの恩恵をうけた人間なんですけども)

 

社労士試験あるある、自己採点に疑心暗鬼になる

で、肝心の私の自己採点を詳しく見ると、

社労士試験の自己採点

社労士試験の自己採点

社労士試験の自己採点アップ画像

社労士試験の自己採点アップ画像

選択式は足切りなく40点満点中32点。
社労士試験一番の「鬼門」の労働一般は5点中3点でした。

私の場合、問題なのは、択一式です。70点満点中、自己採点は44点。

試験が終わって当日の夜、大原の解答速報が出ました。

で、択一式の労災の問題で「協議中」が二つもあったので、それを除外すると42点。

「あー、総得点で、落ちたわ」と思いました。
その後、協議中の問題の解答が出て、二つとも、正解だったので、44点。

家で勉強しているときから自分でわかっていたのですが、私は問題を読むのが遅いのです。

本試験でも、時間はまったく余りませんでした。

マークシートは、解答用紙だけ、ざっと埋まっているかを見て、通常の試験ならやるであろう、問題用紙に書いた文字と、解答用紙のマークシートの部分を、きちんと一つ一つ照らし合わすことができませんでした。

ですので、この自己採点44点は、かなり不確実性のある点数です。

多くの予備校の予想が外れて、択一式が45点以上だと私は落ちます。

マークシートミスがひとつでもあったら、そもそも落ちます。

そういうところに、私はいます。(いました)

なので、私が取得してきた他の資格のようには、明確に資格取得の助言は出来ませんが、独学で、田舎暮らしで、一年目で、合格ラインにのることはできるのかと問われれば、うん…まぁ…と、かろうじて言える程度なのです。(追記:ボーダーライン上でしたが合格してましたので、いける。と今は言えます。)

次回からは、どのようなテキストで、どのように勉強してきたかをお伝えしていきたいと思います。

社労士試験を独学で合格ラインに乗せる②
例年8月下旬に行われる社労士試験に初めて受験を考えている人に向けて。私が独学初学者として取ってきた勉強方法や購入した書籍の紹介と、そしてボーダーラインギリギリで合格した私がこの社労士試験を振り返って、弱かった部分・出来なかった反省点を参考にしていただいて、今後の勉強スタイルの確立になればと思います。
社労士試験を独学で合格ラインに乗せる③
年内にやっておいた方がいいこと|独学初学者で社労士試験 それは早め早めで、前回の記事で書きました試験の順番が後ろに来る科目に少しでも触れておくことです。 先手先手です。 初回は読んでもよくわからないと思います。 ...
社労士試験を独学で合格ラインに乗せる④
社労士試験独学初学者は、社会保険科目・一般常識に早めに馴染むほうがいい もし、初めて社労士資格を狙いたいあなたの手元に、すでに社労士試験の教科書なり過去問なりがあるのならば、労働科目(労基、安衛、労災、雇用、徴収)に並行して、または先行し...
error:Content is protected !!